openpyxl インストールとセル代入 【初心者のためのpython #1】

pythonでエクセル操作
この記事は約3分で読めます。

python でエクセルの読み込みと書き込みを学習して、自動化の幅を広げましょう

インストールから簡単なセル代入の使い方までを説明致します。

openpyxlの使い方

pythonでopenpyxlを使う事前準備

以下サイトを参考にさせていただきました

openpyxl による Excelファイル操作方法のまとめ | ガンマソフト株式会社
Pythonプログラミング通信講座では、外部ライブラリのopenpyxlを用いてExcelファイルを操作しました。講座では順序立てて1つずつ操作方法を学習しましたが、今回はプログラミング中に使い方をす...
PythonでExcelファイル(xlsx)を読み書きするopenpyxlの使い方 | note.nkmk.me
Pythonのライブラリopenpyxlを使うとExcelファイル(.xlsx)を読み書き(入出力)できる。使い方を説明する。BitBucketのレポジトリと公式ドキュメントは以下のリンクから。openpyxl / openpyxl — Bitbucket openpyxl - A Python library to ...

openpyxlのinstallが必要となるため、cmdを起動して

下記内容をコピペで貼り付ける。

>>pip install openpyxl

上記のような画面になれば、インストール完了。

 

続けて、cmdにpythonと入力し、下記コマンドでエラーが出なければ

インストール完了だ

import openpyxl

使い方

openpyxl内部では、下記3つが階層構造として取り扱われている

・ワークブック(エクセルファイル)

・ワークシート(エクセル内の作業シート)

・セル

それぞれ対応する記述を記載する

ワークブック(エクセルファイル)を読み込む

wb = load_workbook(“sample.xlsx”)

※.pyと同じ階層に、sample.xlsxというファイルがある前提。

※今回は練習のためにエクセルで作ってみてください。

エクセルファイル内のワークシートを読み込む

ws = wb[“Sheet1”]

ワークシートのセルの値を読み込む

ws[“A1”].value

サンプルコードのまとめ

# -*- coding: utf-8 -*-
import openpyxl
from openpyxl import Workbook, load_workbook

wb = load_workbook("sample.xlsx")
ws = wb["Sheet1"]
print(ws["A1"].value)
# A1を5で書き換える
ws["A1"].value = 5

# ワークブックを保存する
wb.save('sample_rewirte.xlsx')

実際の現場で求められること

このぐらいの単調な内容だと準備にも時間がかかり

もはや何のためにやっているのかわからなくなることもあるだろう。

ただ、忘れないでほしい。どんな些細なことでも同じ作業を2度することがなくなる

何度もやるルーチン作業であればかかった工数を回収するのなど一瞬だ

まとめ

openpyxlの階層構造を理解すれば、使うのはすぐになれる

 

↓openpyxlの使い方まとめ↓

タイトルとURLをコピーしました